道場長 

合気道高砂道場 道場長 永山春菜 略歴

1986年

    兵庫県高砂市に生まれる

2008年

    神戸女学院大学文学部英文学科卒業
    在学中に、内田樹先生(合気会七段、神戸女学院大学合気道部師範、凱風館師範、神戸女学院大学名誉教授)に師事し、クラブ活動として合気道、杖道、居合道を始める。神戸女学院大学合気道部第16代主将を務める
    また、多田宏先生(合気会九段、公益財団法人合気会本部道場師範、イタリア合気会主任教授、国際合気道連盟委員、合気道多田塾を主宰)に師事し、東京吉祥寺の月窓寺道場やイタリアのラスペツィアに通い現在まで稽古に励む
    大学卒業と同時に『合気道高砂道場』を主宰

2009年

    山岡鉄舟先生の系統を引く坐禅と禊の修行の会、一九会道場にて初学修行に成就し、現在も修行を続けている

2011年

    内田樹先生のご自宅兼道場『凱風館』が完成し、書生第一号を務める。現在も継続中。

現在

    公益財団法人合気会四段、合気道凱風館助教や凱風館少年部指導員などを務める
    合気道の修行を通して得る透明な感覚や温かさが子育てや生活に活きるのを感じながら、高砂、神戸住吉、芦屋、などで日々稽古に励んでいる